内外装後期化リフレッシュ 02R テールランプ
01 02R サイドステップ
02 02R リヤアンダー
03 02R テールランプ
04 02R インテリア
01
必要部品調達

劣化トラブルの定番箇所

NSXの劣化トラブルの中でテールランプは代表的箇所で、経年劣化に伴い、レンズのヒビや水の浸入、スタッドボルト破損などが発生します。 私の車両は幸いにも水の浸入は起こっていませんでしたが、全体的に劣化していたので、リフレッシュと共に後期タイプに交換することにしました。
ハーネスは初期型がそのまま流用できます。べゼル部分も共通なので流用もできますが、かなり劣化していると思うので新品購をお勧めします。
Rルックにしようか迷ったので、リヤーパネルユニットは図中の38の部品番号(75522-SL0-J61)を注文しました(エンブレムなしと思った)が、Rエンブレムとベゼルも付属したものが来たので、結果的にRルックになってしまいました。 図ではエンブレムが付属しているかはよく分かりませんが、ベゼルの方は、28でないと含まれていないので、間違ってセットの方が来てしまった気がします。

01

購入部品1式

No
部品番号
部品名称
単価
個数
価格
備考
1
33127-SL0-003
タッピングパンスクリュー 4X10
105
10
1,050
5
33504-SL0-A01
R.ベゼル
1,410
1
1,410
6
33505-SL0-A01
R.ベースガスケット(2)
1,410
1
1,410
10
33551-SL0-023
L.ランプユニット
38,700
1
38,700
11
33554-SL0-A01
L.ベゼル
1,410
1
1,410
12
33555-SL0-A01
L.ベースガスケット(2)
1,410
1
1,410
38
75522-SL0-J61
リヤーパネルユニット
19,200
1
19,200
40
33553-SL0-A01
L.ベースガスケット(1)
820
1
820
価格は2014年10月時点
02
取り付け作業
02

  1. 取り外しはトランクトリムを外して、8mmナットを外していくだけですが、8mmのディープソケットを準備しないと作業が非常に面倒です。
    ガスケットのテープ面はテールランプ側だけですが、時間が経っているとボディに貼り付いているので、力を入れて引っ張らないと外れません。 ハーネスとべゼルを移植した後、ガスケットをランプ側に貼り付けて逆の手順で取り付けます。
    上側のクッション部が嵌りづらく、無理やり押し込むと破れてしまうので、フェンダーの10mmボルト2本を緩め、フェンダーを手で上側に引っ張りながら取り付けた方がよいと思います。

取り付け完了

  1. 初期型はスモークがかったアウターレンズの中に赤いインナーがあるのに対し、後期用はアウターレンズ自体が赤いので、全く鮮やかさが違います。 私は後期型の方が好きですが、好みが分かれるかも知れません。
03
01 02R サイドステップ
02 02R リヤアンダー
03 02R テールランプ
04 02R インテリア