AT→MT換装 配線作業
01 必要部品調達
02 ペダル周り作業
03 ミッション周り作業
04 配線作業
05 ATコンピュータ撤去

はじめに

配線情報は初期型のNA1(100系)のものです。1995年以降のモデルは、この情報とは異なりますのでご注意ください。 カプラー図は純正の配線図に倣って記述しています。枠がないのがオスカプラ、枠があるのがメスカプラです。 また、図は端子側から見た状態を表しています。

紙に印刷して作業したい方に
01
シフトコンソールスイッチ

とりあえずAT用のECUのままで車が動くように配線を加工します。
最小限で済ますには左図の通りセレクトレバーに繋がる配線を加工します。 単純にセレクトレバーを取り外した状態だと、ECUのニュートラル信号が浮いた(ボディーアースされていない)状態になります。この状態はシフトポジションが「D」に入った状態と同じです。
ご存知の通りECUがATのままだと、各シフトポジションで以下のような状態となります。

レンジ
状態
P
アイドリング、通常運転問題なし。但しVTECに切り換わらず、レブリミットが7000rpmとなる。
N
「P」と同様だが、キーロックソレノイドが働いてキーが抜けなくなる。
D
VTECには切り替わり、レブリミットも7500rpmに戻るが、アイドリングが上昇して安定しない。

VTECを無視して取り合えず動くようにするのであれば、2箇所の短絡のみです。

  1. インヒビダースイッチの処理を行います。車両ハーネス側43112)を短絡すればOKです。 このスイッチはセレクトレンジが「P」か「N」で閉(電気が流れる)となり、開(電気が流れない)の状態ではエンジンが始動しないようになっています。
  2. 12極カプラーの「P」と「アース」430118)を短絡することでECUに「N」信号が入るので普通に乗ることができます。 この状態でVTECに切り替わるようにするには、ある程度動き出してから「P」→「D」に切り替える必要があります。
02
バックアップライトスイッチ

ATとMTではバックアップライトの配線が全く違う為、そのままではバックに入れてもランプは点灯しません。 ATはシフトレバーのポジションが「R」に入るとランプが点灯しますが、MTはトランスミッション内のニュートラルスイッチによりランプが点灯します。 このような状況を考えると、新たに配線を引く必要がありそうに思えますが、意外と簡単な配線で解決できます。

  1. AT→MT換装を行うと、MT付近のカプラーが4個余ります。 その内の「ロックアップコントロールSOL.V」用2極カプラーを使用する事で、新たに増えたバックアップライトスイッチの配線を簡単に室内に引き込めます。
  2. カプラー33付近の加工を行います。 ロックアップコントロールSOL.V用2の赤/白線とバックアップライトに繋がる3の緑/黒線を短絡します。
  3. ロックアップコントロールSOL.V用7の白/黒線とIG電源を繋ぎます。 IG電源は黄色い線で、周辺から探せば何本もあります。私は不要になったTCS用の電源を繋ぎました。
01
03
ニュートラルスイッチ

ATではレンジを「N」に入れた時にシフトコンソールスイッチからECUに信号が入っていますが、MTはミッション本体のニュートラルスイッチからECUに信号が入っています。
しかし、ATのECUのままだと、ニュートラル信号が入っていないとアイドリング不安定に陥るので、ミッションのニュートラルスイッチからECUに信号をつなぐのは、ECUをMT用に交換した後になります (ニュートラルに入っている時しかアイドリングが安定しないので、発進時にギクシャクしてしまします)。

ニュートラルスイッチもATには配線が存在しませんが、バックアップライトスイッチ同様、余ったカプラーが使用できます。

  1. 「リニアソレノイド」用3極カプラー(3極ですが2極しか使用していないカプラー)を使用して室内に引き込みます。
  2. カプラー33の灰色の線9を、 カプラー4とカプラー154を介してECUに繋がる薄緑と繋ぎ、 カプラー33の黒/白の線8をボディアースに繋ぎます。
04
クラッチスイッチ

配線が必要かどうか不明・・・

クラッチスイッチの信号線は2本あり、1本がECU、もう1本がオートクルーズユニットに繋がっています。
ECUへの信号がどのうような役割を持っているかわかりませんが、配線しなくても車は動きます。ニュートラル信号と同じくVTECに切り替わらない等の処置を行っているのかも知れません。

  1. ECUに繋がる配線は直前のカプラー4まで存在しないので、新たに増設する必要があります。 クラッチスイッチのNO接点(※)の方からカプラー4の端子12まで繋げます。
    ※ NO接点:通常時開(コイル非通電時に電気が流れない)
     =クラッチを踏むと電気が流れる
  2. クルーズコントロールユニットに繋がる配線はシフトポジションコンソールスイッチのカプラー430から繋がっているので、 クラッチスイッチのNC接点(※)をカプラー4305に繋ぎます。
    ※ NC接点:通常時閉(コイル非通電時に電気が流れる)
     =クラッチを踏むと電気が流れなくなる
05
不要品撤去

インターロックコントロールユニットはATに搭載されているもので、ATのセレクトレンジによりエンジンスタートやキー抜きの制限をしています。 キーにロックをかけるキーロックソレノイドと一緒に撤去します。
インターロックコントロールユニットは座席後ろのATコントロールユニットの向かって左側(写真01参照)。 キーロックソレノイドはキーシリンダの下側に固定されています(写真03参照)。 その他にはバックに入れた時に音が鳴るチャイム(ステアリングコラム下のカバー裏に固定)も不要です。

02
03
01 必要部品調達
02 ペダル周り作業
03 ミッション周り作業
04 配線作業
05 ATコンピュータ撤去